HOME > 不動産投資ファンド > 出資の方法(匿名組合契約)

出資の方法(匿名組合契約)

一般投資家(出資者)と営業者であるUBIは、出資にあたり、匿名組合契約を締結します。

匿名組合契約とは、商法535条に規定されている契約形態で、「出資者(匿名組合員)が営業者の事業のために出資し、営業者がその事業より生ずる利益を出資者に分配することを約束する契約」のことを言います。

「匿名」とは、組合員(出資者)同士の名前がお互いに、また事業に関する取引相手にも明らかにならないということを表しています。また、投資家と不動産業者の「共同事業」ですが、不動産の所有権の名義は営業者のままで、出資者の名義にはなりません。