HOME > 不動産投資ファンド > 不動産特定共同事業とは?

不動産特定共同事業とは?

UBIの不動産ファンドは、「不動産特定共同事業法」に基づいて組成されています。

不動産特定共同事業とは、「複数の投資家からの出資により不動産を取得し、
不動産を運営して得た収益を投資家に分配する事業」です。

不動産特定共同事業を行うには、国土交通大臣または都道府県知事の許可が必要で、
・資本金の額
・自己資本比率
・業務管理者の資格
・約款の内容
・人的構成
などの要件をクリアした不動産業者のみが、この事業を営むことができます。

つまり、不動産特定共同事業とは、
「対象不動産を小口証券化し、不動産特定共同事業者が一般の投資家からの出資を受けて営業者として運営し、その収益を投資家に分配する。」
ということです。

UBIは、不動産特定共同事業者として東京都知事の許可を受けています。